電力小売の自由化、新電力の実態に迫る!まずは見積もりから

来年から解禁される新電力

新電力はあまり聞きなれない言葉ですが、従来からある電力会社とは別の電力会社のことです。

 

私たちが知っているのは東京電力や関西電力、九州電力と言った昔からある電力会社で、地域によって独占的に電力を供給しています。

 

例えば東京なら東京電力、大阪なら関西殿といった具合です。

 

この仕組みが来年の4月から変わり、好きな電力会社から電気を購入できるようになります。これが新電力と呼ばれるものです。

 

しかしこの新電力はすでに大口の需要家には解禁されています。

 

家庭とは違って大容量の電力を扱う需要家はすでに地域独占とは違う電力会社から電力を購入できるようになっています。

 

そんな新電力の魅力は電気料金が安い点です。

 

使い方によっても違いますが数パーセントやすくなると言われているので、少しでも電気代を節約したい需要家には好まれています。

 

こうした新電力は海外ではすでに普通に行われていて、競争原理が働いて電気料金が下がっています。

 

日本でも同じような仕組みが取り入れられると電気料金は少し安くなると言われていますので、家計にとっても嬉しくなりそうです。

 

来年4月からの解禁に向けて各社激しい競争を繰り広げて行くことになりそうです。

 

新電力ランキング

新電力との契約方法

 

まだこれから始まる、完全に新しい事業なので新電力との契約方法が完全に分かっているわけではありません。

 

しかし、現在の状況から予想がつく部分はありますので、そういった部分だけでもまとめておきましょう。

 

まず新電力の契約については、おそらく現在のインターネットのプロバイダとの契約のようになると考えられています。

 

実際にインターネットの契約をしたことがある方なら分かると思いますが、インターネットの契約にはプロバイダと呼ばれるものと契約する必要があり、これは実際にインターネットサービスを供給している会社とは別の会社です。

 

おそらく新電力でもこのような形がとられ、新電力はインターネット契約におけるプロバイダのような役割となると思われます。

 

そして、ネット契約と同じであれば、期待できるのはセットで割引のようなサービスです。

 

例えば最近はインターネットのプロバイダを変えるだけで、ゲーム機をプレゼントしてくれたりするサービスがあるわけですが、新電力のユーザー争奪戦になれば、これと同じようなサービスが期待できます。

 

このほかには携帯電話会社も参戦を表明しているので、携帯電話の料金が安くなるということもありえるかもしれません。

どんな人が新電力と契約できるのか

 

誰でも新電力と契約できるわけではありません。新電力と契約するには一定以上の高圧の電力契約をしている必要があります。

 

例えば、工場や商業ビル、オフィスビル、スーパーマーケットなどであれば、高圧の電力契約が可能です。

 

つまり、工場長や、ビルの管理人、スーパーマーケットの店長という立場にある人でないと、今のところ、新電力を選択することはできません。

 

一般の住宅の場合に新電力を利用できるようになるまでは、もう少し時間がかかります。

 

ただ、マンションに住んでいる場合は、マンション全体で高圧の電力契約をすることで、新電力に切り替えられる可能性はあります。

 

興味がある場合は、マンション全体で会議したり、大家さんに話を持ちかけてみたりするとよいでしょう。

 

新電力を導入する場合には、特に専用の設備は必要ありません。

 

新電力と契約するだけで、電線を通して送られてくる電気が変化します。

 

インターネットの契約プロバイダを変更する場合と似たような手続きと考えて構いません。

 

新電力との契約に手間をかけたくないという人や、どの新電力を選べば得をするのか分からないという人は、代理店を利用することもできます。

 

エリアごとに様々な代理店が存在しますから、ネットの口コミなどを活用し、評判の良い代理店を探しましょう。